物流アウトソーシングの失敗例

物流アウトソーシングと物流倉庫の選び方

物流アウトソーシングと物流倉庫の選び方 物流のコスト削減のために、物流アウトソーシングサービスの活用が増えています。
この、物流アウトソーシングサービスとは、物品の保管をしてくれる点と、出荷データを渡すだけで出荷作業を行ってくれる点の2つのサービスを行ってくれます。
せっかく自社ではなく、他社に商品保管と出荷業務を依頼するのですから、物流倉庫の選び方は重要となります。
考慮すべきポイントとして、まず1点目は、物流倉庫までの輸送費です。
なんといっても倉庫にいったん保管するため、そこまでにかかる輸送費は重要です。
次のポイントとしては、自社からの出荷と物流倉庫からの出荷での納期の差を知ることです。
できれば、自社からは遠い地域、つまり翌日着ができない地域があれば、倉庫からは翌日着できるような土地での倉庫選択がよいでしょう。
こうすることで、自社からの出荷よりも、アウトソーシングによる着日メリットが出て、顧客満足度をあげることにもつながります。
外部サービスを使うことのメリットを意識して、倉庫選びをしましょう。

物流アウトソーシングの失敗例

IT物流・テクニカル物流アウトソーシングの傾向 物流にかかるコスト削減や効率化のために物流アウトソーシングを行うという方法があります。しかし場合によっては失敗例もあります。
コストばかり意識をして安い物流アウトソーシングに出してしまうということがあります。一部では価格競争になっている部分もあります。
コストよりも業務の内容などで判断することが必要となります。
また物流業者だからといって必ずしも優れたノウハウを持っているとは限りません。
自社でノウハウがあれば物流アウトソーシング業者へ全てを丸投げしてしまうのではなく、自社のノウハウを活かすことができるように構築するといいです。
自社でやっておくべき部分と業者へアウトソーシングする部分を分けておくことが大切です。
例えば物流ということから商品などにかかわるクレームなども依頼してしまうこともありますが、やはり自社で対応しなければならない部分は分けておくことです。
そしてイレギュラー処理はつきものなので、業務の範囲は明確にしておくことです。

\n"; echo "\n"; echo "
\n"; $q =urlencode($q); $str = file_get_contents('https://search.yahoo.co.jp/realtime/search?p='.$q); if (preg_match('!TS2bh end-->\s*(.*)/#TSm -->!s', $str, $res)){ print $res[1]; } echo "
\n"; echo ""; ?>